血糖値を下げるために飲み物から変える|手軽に始める食事改善

笑顔の人

胃を休ませる期間

ウエスト

人間の食事の回数は一日に三回です。昔はその食事内容も質素な物が多く、体に負担がかかることはありませんでした。しかし、今は一日三食の食事内容が濃くなり、脂質の多い食事や炭水化物の多い食事などを摂ることが増えてきました。それに加えて、お菓子やお酒などを食事の間に楽しむ人も多くなり、体にかかる負担が大きくなっているのです。特に消化器官の中枢を担う胃は、毎日入ってくる食べ物を消化しようと働いています。しかし、胃が一日で消化できる量には限界があり、暴飲暴食を続けていると、上手く働かなくなります。胃が機能しないと、消化不良になるだけではなく便秘などの症状を併発してしまうのです。そこで、一ヶ月に一回、胃を休ませるためのファスティングをしましょう。ファスティングは断食のことで、一日食事を取らずに水などで過ごし、胃を休ませるのです。ファスティングを自宅で行なう日数としては、三日が一番よいと言われています。これ以上の日数をこなす場合は医療機関などでファスティングの指導を受ける必要があります。あまり無理をすると拒食症などの病気を引き起こす可能性があるので、限度を守り、適切に行ないましょう。ファスティングの方法は、一日目で食事量を徐々に減らし、二日目で本格的な断食を行ないます。ファスティング用の酵素ドリンクやサプリを使うと、栄養を補給しながら断食ができます。そして三日目で復食を行ないます。その際、ファスティングが終わったからとご飯をたくさん食べてしまうと体に悪いので気をつけましょう。ファスティングは体に良い影響をもたらすので、月に一度行なうと良いはずです。